家具運搬

今すぐできる家具の運搬の安い業者の見つけ方。

家具の運搬っていくらぐらいなのかいまいち分かりにくいですよね。
しかも、安いとこを探すとなるとこれまた大変です。

 

こんな時に、チェックすべきサービスが一括見積もりサービスです。

 

(利用の実績2700万件以上の引越し価格ガイド)

 

運賃は荷物の大きさや距離でも変わってきますし、大きく締めるのが人件費。
運送方法も変わってくれば、これまた高いとこや安いとこいろいろ出てきてしまいます。

 

 

昔は1社ずつ見積もりを取っていくのが、主流でしたが今はネットで申し込む時代です。

 

 

複数での見積もり比較を行えば、家具の運搬料金の最安値もかんたんに見えてきますね。

 

それに、多くの業者で比較すれば価格競争によって、他社に比べ最大で半額になった。ということも実際にあるんですよ。

 

 

それだけ、ギリギリの料金を提示してくれるとこもあるんですね。

 

もちろん、格安なだけでは安心できませんが、日本の運送業界を代表する大手も多数参加している一括見積もりサービスをまとめて掲載しておきます。

 

全て無料でご利用できるサービスで、料金を調べるだけでもOKなので、一度ご利用になってみてください。

 

完全無料!格安業者を見つける為の一括見積もりサービスTOP3

 

引越し侍

最大50%OFFの引越し侍は、料金だけじゃなくサービス内容も比較できる、今一番人気の一括見積もりサービスです。

 

大手では、運送業者の佐川急便や日通などを筆頭に、地元の格安業者まで最大で10社までの比較が可能です。

 

料金相場も分かる機能が付いているので、目安を調べる際にも便利です。

 

公式サイトはこちら⇒⇒

ライフル見積もり

ライフル(旧ホームズ)は、大手のヤマトや激安な運搬業者の赤帽の営業所が各エリアによって参加中です。

 

また、見積もりを出して欲しい業者を先に選べるようになっているので、見積もりを少なくしたい方にも使いやすくなっています。

 

ライフル限定割引や提携業者による梱包資材の無料プレゼントなどのキャンペーンも行われています。

 

公式サイトはこちら⇒⇒

ズバット引越し

最短1分のズバットは、220社の中から最大で10社までの見積もり比較が可能です。

 

参加中の日通や福山通運など運送業者から引越し業者まで、多くの見積もり比較を行う事で格安な業者を見つけるのも容易になります。
また、お問い合わせ窓口もあるため、電話での見積もり依頼も可能です。

 

その他、ご利用者だけのお得なキャンペーンが期間限定で行われています。

 

公式サイトはこちら⇒⇒

 

大手が多く参加しているサービスなので、大体の価格を調べるのにも役に立ちます。もちろん、料金が合わなければ無理に運搬を依頼する必要はありません。

家具運搬料金の大まかな目安計算機

家具運搬のご依頼前に大まかな目安を知っておきたい場合はこちらの計算機を参考にして下さい。

家具費用

タンス3段押し入れタンス/チェスト
サイズ200cm以内

5184円

食器棚整理たんす/シングルベッド
食器棚(中)350cm以内

18060円

大型ダンスダブルベッド/大型ソファー
大型タンス450cm以内

32940円
目的地 東京都〜東京都

目的地を変更する
○出発先を選択してください。

○行き先を選択してください。

 

※都道府県を変更する事で料金が変わりますので目的地に合わせて選択してください。

 

※料金は3辺合計のサイズが50cm毎に変動して行くのが一般的です。あまり大きすぎる家具の場合は業者によって運搬不可のケース、また運送先で入らないトラブルもあるため、見積もり時に要確認です。

 

『家具1つ送るだけでちょっと高いんじゃないの?』

料金は大手価格を参考にしたあくまでも目安です。それ以下の業者を探す為にも一括見積もりを使う、または下記の安くする運送方法欄もご確認ください。

引越し業者や運送業者の安くする運送方法

運賃のコストカット

引越し業者や運送業者には安くする為の様々な運送方法を持っています。

 

例えば、鉄道を利用しダイヤに合わせて運搬するコンテナ便や、主に運送業者で利用される大型貨物に荷物をまとめてから運ぶ混載便。

 

 

長距離で使われる輸送方法ですが、この方法は燃料代の節約や、人件費を含むコストカットが可能になります。

 

上述した鉄道コンテナ便は、

  • ヤマト運輸
  • 日本通運
  • アリさんマークの引越し社

など、大手でも良く使われ、中小業者でも遠距離の荷物搬送が得意な業者は格安な配送ルートを持ち合わせています。

 

現在では、運べない大型荷物だけを依頼し格安で運ぶといったニーズが多いため、アーク引越しセンターの大物家具だけサービスや、大手運送業者の家財運搬サービスなど、安い料金でご提供できるように各社が尽力し様々な工夫が行っています。

 

どういった方法がベストなのかは家具の大きさや量、運搬距離によっても異なるため、一概には言えませんが一社だけでは無くプロと相談するためにも可能な限り見積もりを取られる事をお勧めします。

家具の運搬にはどの業者に依頼すればいいの?

家具の運搬と言っても、依頼できる業者は様々です。

 

上述した引越し業者や運搬業者以外にも、軽貨物を得意とする赤帽や便利屋さんを候補に入れる方も居るはずです。家具の運搬にはどういった業者を選びべきで、また事業者の特徴(向き・不向き)について確認下さい。

 

 

 

引越し業者は家具の運搬はいつも行っている事なので問題ありません。家具や建物の養生も得意としていますし、現在では家具のみプランといったサービスも充実しています。

 

各社によって単品の配送可能、複数点のみ運搬可など違いがあり、また時期だけでも料金が異なるので見積もりをとる事が前提です。

 

 

運送業者は、主に単品の荷物を運ぶのを得意としているため、問題はありませんが、家屋への搬入が難しい場合や、荷物が2つ3つ増える場合にはコストが増すケースがあります。

 

例えば、クロネコヤマトのらくらく家財宅急便サービスは、1点の家具運搬に付き料金がかかってきます。

 

運送業者からのコメント

また、運送業者は作業に関する事をすべてを行ってくれるわけではないので、荷造りや住居の養生は自分で行わなければいけない運送会社もあります。

 

 

赤帽は料金の安さでは定評がありますが、長距離の運送には不向きといった点が挙げられます。
またドライバー兼、家具の搬出・入と基本スタッフは1人のため、重い家具の場合は手伝いが必要になったり、トラブルが発生した場合にはどういった対処をされるのかが懸念されます。

 

同じ市内など近距離の配送で、大きな家具の点数も少ない、もしくは小さい家財のみの場合には見積り候補に入れてみましょう。

 

 

便利屋さんの場合には、さまざまなタイプがあります。
料金体系が異なるため、一概には言えませんが、全国対応のお助け本舗は料金形態もハッキリしておりサービス内容も分かりやすくなっています。

 

便利屋さんの場合、車両の手配から不要な家具の処分まで手伝ってくれますが、荷物に対する保険はしっかり確認しておかないといけません。

 

 

 

運送業者や引っ越し業者は物品の破損が起きた時のために保険へ加入しており、追加料金を払うことでさらに保証範囲の大きな保険を適用させることもできます。

 

 

赤帽や便利屋さんはともに個人経営であり、どこまでサービスが行き届いているのかで変わってくるので、一般業者より安くなる時もあれば高くなる時もあります。事前の比較を念入りに行って、納得のできるところへ依頼しましょう。

運搬料金が安くなる時期・高くなる時期

家具の運搬を依頼する場合でも、料金が高くなる時期や安くなる時期が存在します。
主に2月・3月・4月が引越しシーズンとも重なりもっとも忙しい時期になり、各業者も強気の値段で見積もりを出してきます。

 

しかし、5月ごろに入るとどこの業者も手持ちぶさたになり、この時期はどの業者も値引き競争をし出します。
狙いどころは、この閑散期になりますが、時期に合わせて家具を運搬するのは無理という方がほとんどでしょう。

 

忙しいシーズンでも安い業者を探すための解決策は、時間のある業者を探すこの一点につきます。

 

繁忙期でも全ての業者のトラックが埋まっている訳ではありません。

 

空き時間は運賃を安くしてでも埋めてしまいたいのが業者の本音です。

 

なので、たとえば暇になる、時間帯を午後便からにしてあげるだけでも業者は喜んで、値下げにもすんなり応じてくれる事もあります。

 

大手の運送業者も現在では引越し業界に参画している為、繁忙期シーズンは強気の姿勢です。
安くなる時期も高くなる時期も手間を惜しまず、複数社での比較を行って下さい。

 

家具の運搬料金が安くても調べておきたい保証と養生

 

あまりにも家具の運搬料金が安い業者が多くて、不安になる方も少なからずいらっしゃいます。
しかし、家具の運搬で必要不可欠な確認事項は主に2つです。

 

まず建物の養生についてです。

 

家具は普通の宅急便と違い玄関先での受け渡しで終わる荷物ではありません。
玄関から建物の中の設置場所に設置して終了します。

 

玄関から廊下また、設置場所まで家屋を保護するために行われるのが養生です。

 

専用のシートを下に敷いたり、壁に張り、家具の通り道になる壁や床を傷つけないためには必要なことなので見積もり時に確認を行って下さい。

家財自体の荷造りも毛布のみの簡易梱包では無く、専用キットでの梱包がベストです。
こちらも料金が異なるため比較が必須です。

 

次に保証です。
通常、運搬を行う業者は保険に入っているものですが、中には加入していない業者も存在します。
こちらの確認も忘れずに行って下さい。保険に入っていない業者は当然ながら利用してはいけません。
保険は依頼する業者によって異なりますが、一般的に引越し業者は引越し保険(最大で1000万円まで保証)運送業者は、運送保険(1つの荷物につき最大で30万円)です。
また個人でも加入のできる保険もあります。

 

養生と保証の二つを行ってもらえる業者であれば、たとえ値段が安くても安心してお願いしましょう。

運搬前に準備が必要な家具は?どうやるの?

家具を運搬する場合には、事前に準備が必要な物も存在します。
荷造りよりも、注意が必要なのがサイズです。運搬先によっては、搬入不可の場合もありますので、事前に確認をして下さい。

 

タンス類
タンスの中身は全て出し、ダンボールに詰め込みます。
チェストや押し入れタンスなど分解可能な場合は、中身を詰めたままでも運搬可能な場合があります。
また、年数が経ったものは運搬時に引き出しが底抜けする可能性もあるため、可能な限り全て出すようにして下さい。
扉を固定するのにガムテープで留めると、塗装がはがれる危険性が居あるので注意が必要です。
引越し業者依頼の場合は、中身をそのまま詰め込める資材の無料レンタルサービスもあるので活用しましょう。

 

タンスの運搬についてのまとめはこちらも参考に

 

ベッド
サイズの問題で運搬先によっては、ベッドをそのまま搬入出来ない場合があります。その場合は、解体のできるベッドは全て分解してから運びます。
業者依頼の場合は、追加費用が発生してしまいますので、出来るだけご自分で行って下さい。
また、ネジは紛失しやすいのでビニール袋に入れ、組み立て時にどこに装着するのか分からなくなるのを防ぐため、メモ帳に書きとめるか、フレームにテープを張りペンで分かりやすく書いておきましょう。
2段ベッドやロフトベッドは解体が難しいものも存在しますので、まずは業者に相談して下さい。
マットレスの梱包や、布団袋のレンタルも業者によっては準備できる場合があります。

 

ベッドの運搬についてはこちらも参考に

 

ソファー
一人掛けソファーであれば、分解は必要ありませんが、2人掛けや3人掛けはベットと同様に運搬によっては搬入できない場合があります。
通路や階段、ドアのサイズ、またアパートやマンションの場合はエレベーターの幅も確認するようにして下さい。
分解可能なものはクッション部分と足の部分を取り外して下さい。足が付いていると運搬時に融通が効かせにくく入らない事があります。
ソファー自体の梱包は業者にお任せして下さい。

 

ソファーの運搬方法をさらに詳しく

家具の運搬前にはサイズ確認をしっかりと行っておく!

家具の運搬前にはサイズの確認をしっかりと行っておく必要があります。

 

業者は運搬元の場所や運ぶ家具のサイズを事前にチェックする企業が多いですが、実は運搬先の立地条件までは見に行きません。

 

その結果、荷物を運んだは良いものの、サイズが大きすぎて運搬先に搬入出来ないというケースも実在します。

 

搬入が出来なければ、家具は玄関前に置いて、他の業者を紹介して帰ってしまう事もあります。

 

その為、大型家具であれば事前に家具の高さ・横幅・奥行きを計測し、また配送先で家具が通せるか、搬入経路や設置場所、また玄関の窓のサイズの確認を行っておかなければいけません。

 

もし、通せなければ、他の勝手口を利用したり、窓を取り外したり、また設置場所が2階であればクレーンや人力吊り作業を使うなど大規模な作業が必要になるケースもあります。

 

 

搬入で不安がある場合には、これらの事を先に業者側に伝えておかなければ、後々分かった場合、業者の手配が遅れたり作業が滞り、しばらくは家具を玄関前に放置する、または処分しなければならないトラブルも現実に起きてしまいます。

 

 

もちろん、業者側に現地見積もりを依頼する事は可能ですが、その場合では出張費として追加料金がかかります。

 

もしも、大型家具で搬入が難しい、ソファーやベット、婚礼ダンスを運ばれる方は、前もって業者側に伝えるようにして下さい。

 

自宅での見積もりを敬遠する方もいらっしゃいますが、実はこういった現地調査が一番重要な事でまた、自宅まで見に来てくれる業者が本来は信頼のできる企業となります。