タンスの運搬準備

タンスの運搬準備について事前に確認する事

タンスは家財道具のなかでも大きなもののひとつです。

 

そのため、重量も大きく、運送にあたっては、引越し業者や運送業者に依頼すべきでしょう。

 

 

自分で運ぶこともできますが、衣類などが入った状態ではとても重く、運搬中に大怪我をするおそれがあります。

 

 

また、2階以上など引越し先の条件によっては、ドアからの搬入が難しく、特殊なクレーンを使って窓から搬入するケースも珍しくありません。

 

 

引越し元から搬出する場合も同様です。

 

 

引越し業者は運搬のプロですので、そういった手配も問題なく行ってくれます。

 

 

 

また、中身を別に梱包しなければならないと考えがちですが、最近は業者の運搬技術が向上していることもあり、タンスの中身を入れた状態で運搬してくれるところが少なくありません。

 

 

中身の荷造りをしなくてすみますので、引越しの準備もとても簡単です。

 

 

ただし、運搬中に引き出しや扉が開いてしまうと事故のもとなので、開かないようにテープを使って処理をします。

 

梱包時の注意点について

 

 

タンスの扉や引き出しが開くのを防止するには、養生テープやマスキングテープを利用します。

 

 

それぞれホームセンターなどで購入でき、粘着力が適度であるため、はがす際にタンスにダメージを与えたりすることがありません。

 

自分で運搬をするときには、くれぐれもガムテープは使用しないようにしましょう。

 

 

 

 

 

また、自力で運搬をする際には、毛布やクロスなどを使ってタンス全体を覆うようにしましょう。

 

こうすることで、万が一壁などにぶつけてしまった際にタンスが傷つくリスクを軽減できますし、雨が降っているときの引越しの対策にもなります。

 

 

特に、桐タンスは衝撃に弱く、軽くぶつけただけでへこみができてしまいますので、十分に注意しましょう。

 

 

さらに、汚れた手で触ると黒ずみの原因にもなります。

 

 

桐タンスを運ぶ際には清潔な手で行うか、汚れていない軍手を利用してください。

 

 

搬出・搬入経路の確認

 

引越しをする前には、引越し先の建物の入り口からタンスの設置場所までのサイズをきちんと確認しておくことも欠かせません。

 

 

階段などの通常の経路を通って搬入することが難しいことがわかっていれば、事前にクレーンの手配をするなどの対応ができます。

 

 

引越し当日になって思わぬトラブルが発生するのを避けるためにも、忘れずにチェックしておいてください。

 

 

 

タンスのみを運搬する費用の目安としては、幅と高さが1メートル程度で7,000円、高さが2メートルになると10,000円ほどです。

 

 

いずれにしても、引越し業者にお任せするのが安全でしょう。

 

 

もし、格安業者をお探しならトップページを参考にして下さい。