家具運搬

家具1個の運搬でも引越し業者の利用を検討する。

 

家具の運搬時には、運送業者しか選択肢が無い訳ではなく、引越し業者を利用する事も併せて考えておくと良いでしょう。

 

 

この双方の違いについては分かりにくい所ですが、まず引越し業者の場合は引越し作業に特化していることが大きな特徴で、
引越しに関わる専門性が非常に高くサービスも充実しています。

 

 

例えば、タンスの中身を荷造りするのも忙しい方の場合では、作業員が荷造りをしてくれるオプションサービスがあります。
(引越し業者によっては、タンスの中身はそのままでも運搬可能の場合もあります。)

 

 

加えて、大きな家具を専用素材で梱包したり、建物の養生を行ってもらう事も可能です。

 

こうしたオプションサービスは非常に幅広く、各種電気工事・ハウスクリーニング・トランクルームサービス・楽器の調律などを始めとして様々ありますので、それぞれ別のサービスを利用することも無く一つの業者に全てを任せることができます。

 

 

また引越しプランについても様々なラインアップがあり、学割が効いて安く利用できたり、女性の利用者に向けて作業員全員が女性で構成されているプランもありますので、ご自身の求める所により様々選択できます。

 

 

 

一方で運送業者の場合は基本的に運送業が柱になり、引越しは業務の一環として行いますので、
引越しに特化したサービスではない点で双方には大きな違いがあります。

 

 

そのため荷物を運ぶことがメインになりますので運送に関しては強いものの、
引越しに伴い必要となる各種オプションサービスはラインアップが少ないことが大きな特徴です。

 

また引越しのプロとは言いつつも専門業者と比較すれば知識や経験があまり多い訳ではなく、やや心配な面が見られます。

 

 

また双方で加入している保険にも違いがあり、運送業者の場合はあくまで運送に特化した保険ですので、

 

 

例えば荷物を運ぶ途中に物件に傷を付けた場合には保証の範囲から外れる可能性が高く、
このあたりは少なからぬデメリットであり双方の大きな違いでもあります。

 

 

もし、どうしても運送業者が良い場合は、引越し事業も兼ねて行っている、クロネコヤマトや日通、佐川を候補に入れてみましょう。